読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AND... 30女の次の一手

日々気になったコトまとめ。女性が働くということ/たまにジャニごと(主にKinKi)

プレミアムフライデーが

昨日だったとは…

昨日がプレミアムフライデーだったと聞きましたが、ホントですか?何も知らずに22時まで仕事してたよ。というか、有休がガンガンに取れる会社に勤めている者としては「15時に帰るくらいなら、午後半休とって12時に帰ればいいのに」と思ってしまう…。なんなら終日有休とって三連休にするけど。

 

プレミアムフライデー

そもそもプレミアムフライデーとはなんなのか。プレミアムフライデーの公式サイトによると*1

月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しみませんか?例えば

  • 花金で乾杯
  • 2.5日旅へ
  • アーリーディナー      などなど

…ダメだ。なんか求めている答えとは違う。これは「プレミアムフライデーの活用方法」であって、「プレミアムフライデーとは」の答えになってないよ。それよりなにより、ジャニファン的には関ジャニ画像が掲載されてることに驚いたよ!!*2しかも皆可愛い顔だし。個人プロフィールまで載せてくれてるし。なかなか良い扱いだな。

…改めて「プレミアムフライデーとは」という話しに戻ると、

プレミアムフライデーとは、日本国政府と経済界が提唱する、新たな個人消費喚起キャンペーン。働き方改革への好影響も期待されている。(Wikipedia)

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、
(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成
(3)デフレ的傾向を変えていくきっかけ
といった効果につなげていく取組。(経産省)*3

とのこと。経産省発だから、目的は3の個人消費で経済を回していくことの思惑が強いのかな。だからこそ、今の世の中の働き方とのギャップを感じてしまう。

就業時間が9:00-17:00とかで決まっている企業は15時では帰れないよね?早退扱い?それとも早く帰っても2時間半分の給料出してくれる?せめて半休の推奨をして欲しいし、フレックス導入とか、これを期に会社側が今までにとらわれない就業パターンを導入してくれることを期待したいな。前出のプレミアムフライデーHP*4によると、ソフトバンクは「スーパーフレックス」を取り入れたそう。日単位で就業単位を変更できるそうな。いいな。

 

結局「1ヶ月に1回、数時間だけ早く帰ろう」では、その数時間分の仕事を後回しにするだけで、「効率化」には繋がらない。組織的に常に早く帰れるような仕組みづくりをしないと何の変化も生まれない。

例の事件以降、世の中は「働き方改革」「時短」「ライフワークバランス」の流れにあって、企業側からの見直しも始まりつつある。個人での効率化には限界があるから、企業・社会全体として仕組みを変えていってほしい。

 

クールビズに倣えるか

この「働き方改革」を考える時に、よく「クールビズ」の事を思い出す。なんでクールビズはこんなにも日本に浸透したのか。やっぱり一つは時代の流れがあるんだろう。2005年から打ち出し始めて、少しずつ認知度が高まったところに2011年の大震災が起こって、省エネルギーに対する意識がすごく高まった。「省エネ」という大義名分がより強まって、それまでの「ネクタイをしないなんて失礼だ!」的な風潮を吹き飛ばして、世間一般に受け入れやすくなったのかなと。結局のところ企業としては「取り組むか」というより、「取り組んだ結果、どう思われるか」という世間的評価が重要なのだ。皆で渡れば怖くないという「一斉感」でいうと、今もその風潮が感じられる。

もう一つ、浸透した理由があるとすれば、それがカッコいいことか、自分に取ってメリットがあるのかという事も重要だと思っている。クールビズでいうと、ただネクタイを取るだけではなく、洒落た着こなしが出てきたこと、単純に楽なことが若者中心に支持されたように思う。働き方改革も「無駄な残業をせず、効率的に働くことはいいこと、カッコいい」「自分にとっても楽(賃金、時間的な余裕も含む)」という認識を持てる人たちが増えていけばより活性化するだろう。ただ、何度も書いているように個人での改革には限界がある。出来る企業から取り組みを強化して、どんどん意識を広げていって欲しいし、私自身もそういう活動を広げていきたいと思う。

*1:https://premium-friday.com

*2:ジャニーズは肖像権に厳しいので、基本的にはWeb上に写真は載らない。最近すこーーーしだけ緩くなって、公式サイトだけは掲載など、場を選んでいる

*3:http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212001/20161212001.html

*4:https://premium-friday.com/activity/20170217-sof/